パナホーム 価格

無料!パナホームやその他ハウスメーカーの支払総額や間取りを比較

 

パナホームはパナソニック製品を取り揃えたオール電化住宅でパナソニック好きにはたまらないですね^^

 

 

 

パナホームは大手ハウスメーカーですから、価格帯としてはかなり高いハウスメーカーの一つです。

 

 

 

パナホームで家を建てる場合の価格の目安は、坪単価70万〜80万円程度と言われており、ハウスメーカーの中でも価格は高い方です。

 

 

 

軽量鉄骨は最低ラインのもので、55万円/坪〜ですが、

 

 

 

展示場のような仕様で建てる場合はオプションがかなり付いており、70万/坪〜と言われています。

 

 

 

パナホームの展示場に行き、展示場と同じ仕様で建てたい、、、と思う方も多いようですが残念ながら予算に余裕がないと厳しいようです。

 

 

 

建物の本体価格以外に付帯工事の費用が発生しますし、

 

 

 

土地がなければ土地代、ローンで購入するなら保証料・手数料・火災保険料・登記費用などが必要になりますし、カーテン・照明・エアコン・外構工事の費用が必要になってきます。

 

 

 

パナホームの最低ラインのもので、55万円/坪〜だと言われていますが、オプションなどを付けると坪単価はどんどん高くなりますし、

 

 

 

建物の本体価格以外に400万〜500万円ほどの諸費用が発生することもありますので、大手で建てる場合は予算に余裕がないと厳しいですね^^;

 

 

 

またパナホームは狭小住宅も得意としており力を入れています。

 

 

 

3階〜5階建ての狭小地向け都市型住宅「Vieuno」や「アーキモード」といった商品があります。

 

 

 

一般的に3階建て、4階建て、5階建て住宅は2階建て住宅に比べて割高になりますので、

 

 

 

3階〜5階建て住宅を検討されているのなら、坪単価70万〜80万円程度では厳しいかもしれません^^;

 

 

パナホーム 坪単価のページではパナホームの坪単価や価格、

 

 

各、パナホーム商品の価格や坪単価が紹介されています。

 

 

また、ハウスメーカーとの値引き交渉方法も紹介されていますので、家づくりの参考にしてくだい。

続きを読む≫ 2014/03/12 20:11:12

パナホームで注文住宅を建てる場合の価格については、ハウスメーカーの中でも高い部類に入り、目安としては坪単価で70万前後になることが多いです。

 

 

 

選ぶ工法によっては割安のものもあり、鉄骨系のハウスメーカーとしては、他社と比べると安いと感じられることも多いです。

 

 

 

住宅展示場では、パナソニック製品がそろっており、住宅設備にも多く使われています。

 

 

 

パナソニックというと電化製品で有名なイメージが強いですが、住宅業界にも参入してさまざまな魅力を打ち出しています。

 

 

 

住宅設備に関しては当然パナソニック製品で勧めてきますが、希望によっては他メーカーへの変更も可能です。

 

 

 

ただし、価格が割高になる可能性が高いので、パナソニック製品に魅力を感じている人にとっては、住宅も含めて魅力を感じられることになります。

 

 

 

パナホームの注文住宅で採用できる構造には鉄骨造りが採用され、さまざまな商品が選べます。

 

 

 

工場生産されたものを現地で組み立てていくため、品質は安定しており安心感があります。

 

 

 

パナホームの注文住宅で特徴的な部材として、光触媒タイルであるキラテックを採用できます。キラテックは、外壁についた汚れを太陽の光で分解します。そして雨で洗い流すことができるので、汚れの付着が蓄積されずに自然と綺麗な状態を維持できます。

 

 

 

パナホームは換気システムが特徴的であり、第2種換気システムを採用しています。

 

 

 

第2種換気システムを採用しているハウスメーカーが少ない理由は、湿気が壁内に入り壁内の結露につながる可能性が高いからです。

 

 

 

それを防ぐために、床下の空気を家全体に送る仕組みをとっています。

 

 

 

他のハウスメーカーではあまり採用されていない換気システムのため、十分検討をして判断をする必要があります。

 

 

 

パナホームは省エネに対して積極的であり、大きな評価を受けています。鉄骨系としては価格が抑えられており、パナソニックの電化製品や住宅設備が好きであれば非常にメリットを得られやすい住宅と言えます。

続きを読む≫ 2014/03/12 20:07:12

パナホームで3階建を考えた時に「ビューノ」3階建というシリーズがあります。

 

 

 

どうしても3階建を考えるご家庭は、都市部に住まわれる方が多くなっています。

 

 

 

限られた敷地を有効に活かして、できるだけ広い住空間を求めている方に最適なシリーズとなっています。このシリーズの特徴は、15cm刻みで設計が可能だということです。

 

 

 

この15cmというのは業界でも最小で、より敷地の大きさや制限に合わせたきめ細かな対応が可能になるのです。

 

 

 

構造自体も高層ビルにも採用されている構造に、独自の技術を加え、重量鉄骨の純ラーメン構造を採用しています。また日常生活で生じる細かい振動などを吸収するような制振装置が採用されているので、道路際や線路際の建物でも快適にお過ごし頂けます。

 

 

 

都市部では斜線制限が厳しいところが多いのですが、勾配屋根を使用することにより規制をクリアし、できるだけデッドスペースを産まない工夫がされています。

 

 

 

例えばこれまでなら勾配屋根で天井の高さが低くなり、背の高い方などは窮屈な思いをされていたかと思いますが、パナホームですと15cmきざみで屋根の高さを上げることができますので、屋根ぎりぎりまで居住スペースを広げることが可能なのです。

 

 

 

その他にも太陽光とエネファーム装置を組み合わせて、ダブル発電を実現し、エコナビ搭載換気システムを採用していますので、環境にも優しく身体にも優しいのです。

 

 

 

それではビューノシリーズでパナホームで3階建を建てた際に、価格はいくらくらいなのでしょう。

 

 

 

例えば2世帯モデルプランで延べ床面積が85.61坪の場合は、消費税込みの標準本体価格は6,381万円、これですと坪単価は74.6円という計算になります。

 

 

 

また狭小地プランですと、延べ床面積が42.95坪の場合、消費税込みの標準本体価格が3,143万円、坪単価が73.2万円になります。

 

 

 

この他にもパナホームの3階建にはいろいろなバリエーションがありますが、大体の目安として坪単価で70万円から80万円の間の価格帯と考えて頂ければいいと思います。

続きを読む≫ 2014/03/12 20:05:12

新築住宅を考えている人の中にはパナホームを検討している人も多いのではないでしょうか?パナホームはご存じのとおりあの有名家電メーカー松下(パナソニック)のグループ会社です。

 

 

 

パナホームは立ち上げ当初は特に目立たない住宅メーカーでしたが、
最近では国土交通省の主催するハウスオブザイヤーを受賞するなど、他の大手ハウスメーカーに引けを取らない存在になってきました。

 

 

 

福島の原発事故以来、節電やエコロジーが注目されている日本。
パナホームはパナソニックで培ってきた技術を採用し、環境に配慮した住宅づくりを得意をしています。

 

 

 

先に紹介したハウス・オブ・ザ・イヤー・エレクトリックを受賞したのはパナホームの「エルソラーナ」という商品です。創エネ・省エネの家とも言われており、太陽光発電などでエネルギーを作りだし、断熱性・耐久性を高めた構造でエネルギー消費を少なくしています。

 

 

 

さて、東日本大震災以降、もう一つ注目されているのが平屋建ての住まいです。平屋建ては二階部分の重量がない分、地震に強いと言われています。阪神大震災の時に倒壊した住宅の多くは木造の二階建てだったというデータがあります。

 

 

また平屋住宅はバリアフリー化しやすいこともあり、老後まで安心して長く住むことができます。

 

 

また子育てにも平屋が向いているという教育評論家の意見もあるんですよ。二階に子供部屋があると子供が自室にこもったまま降りてこないなんてことがありますが、平屋ならリビングと地続きになっているので、より家族間の距離が縮まるというわけです。最近の平屋人気もうなずけますね。

 

 

 

それでは、パナホームで平屋住宅を新築した時、価格はいくらぐらいになるのでしょうか?パナホームの価格は大手住宅メーカーとそれほど変わりありませんが、

 

 

 

交渉次第で大幅な値引きがあると言います。またキャンペーンをたびたび行っており、その時に交渉するとより大幅な割引をしてくれる可能性が高いそうです。

 

 

 

エルソラーナ、ユールキア、ソルビオスなどのシリーズがありますが、坪単価は60〜70万円です。

続きを読む≫ 2014/03/12 20:02:12

パナホームで家を建てる場合の価格の目安は、坪単価70万〜80万円程度と言われており、ハウスメーカーの中でも価格は高い方です。

 

 

 

シリーズごとの坪単価の目安も紹介しておきます。

 

 

 

・エルソラーナシリーズ⇒坪単価55〜75万円

 

・ユールキアシリーズ⇒坪単価60〜75万円

 

・ソルビオスシリーズ⇒坪単価70〜85万円

 

 

 

基本的にハウスメーカーは宣伝費や広告費などが価格に上乗せされており、それが価格に影響しどうしても価格が高くなってしまうのです。

 

 

 

しかし大手ハウスメーカーで建てるメリットとして以下のようなことがあげられます。

 

・簡単には倒産しないという安心感がある。

 

・デザインや間取りプランなどの提案力が豊富。

 

・アフターフォローがしっかりしている。

 

・施工件数が多く、提案力や対応力にも期待できる。

 

 

大手で建てるメリットは沢山ありますが、デメリットとしてはやはり価格が高いということですね^^;

 

 

 

そして坪単価は、延床面積が小さい住宅では割高傾向にあります。

 

 

 

坪単価は本体価格を延床面積で割った数字なので、延床面積が大きくなれば、当然、坪単価は安くなりますが、延床面積が小さければ坪単価は高くなってしまうのです。

 

 

 

更に展示場使用に近付ける為にオプションを沢山付けると坪単価はどんどん高くなっていきます^^;

 

 

 

ですが、坪単価が安くなるからといって無理して大きな家を建てる必要はありません^^;

 

 

 

単価は高くなっても総額は少なくなりますので、需要に合わせて建てるのが一番ですよ。

 

 

 

建物の本体価格以外に諸経費が発生しますので、総予算からしっかりと考えておいて下さい。

 

 

 

建物の見積もり以外に400万〜500万円を別に用意しておくことをお勧めします。

続きを読む≫ 2014/03/12 20:00:12

パナホームで家を建てる場合の価格の目安は、坪単価70万〜80万円程度と言われており、ハウスメーカーの中でも価格は高い方です。

 

 

 

シリーズごとに若干坪単価は異なりますが、エルソラーナシリーズで建てる場合は坪単価が55万〜75万円が目安になっています。

 

 

 

パナソニックのエルソラーナはユールキアシリーズやソルビオスシリーズよりは安い価格設定になっています。

 

 

 

パナホームのエルソラーナシリーズには2010年から“エルソラーナS”“エルソラーナF”“エルソラーナE”が発売されましたが、ライフスタイルや年代に合わせ3つのラインナップが用意されています。

 

 

 

その中で一番価格がお手頃なのは“エルソラーナS”で、標準本体価格が1800万円台〜という価格設定になっています。

 

 

 

“エルソラーナF”“エルソラーナE”の価格は“エルソラーナS”より高めの設定になっています。

 

 

 

“エルソラーナF”は子供が学校に行き出してから独立するくらいの層をターゲットとした商品になっています。

 

 

 

“エルソラーナE”は子供が独立した後に、夫婦ふたりの暮らしを楽しむ家として子供が独立した夫婦をターゲットにしています。

 

 

 

暮らしに合わせて商品が選びやすいですね^^

 

 

 

エルソラーナシリーズで建てる場合は坪単価が55万〜75万円が目安だと言われていますが、

 

 

 

間取りやオプションなどで大きく価格が変動することもありますので、坪単価は参考程度になさっておくといいですよ。

続きを読む≫ 2014/03/12 19:58:12

土地が狭い、都会で土地に余裕がない、、、など家づくりは敷地との格闘から始まる場合もあります。

 

 

 

そして広さの問題だけではなく、都会ならではの厳しい建築条件や建築規制があり、思うように家づくりが進まないといった方もおられるでしょう。

 

 

 

そんな時は高さを有効に活用できる3階建て、4階建て住宅を建てるという選択肢もあります。

 

 

 

パナホームは3階建て、4階建て、5階建て住宅に対応しています。

 

 

 

パナホームの3階建て住宅の商品プランにはアーキモード、

 

 

 

重量鉄骨の都市型住宅として3階建て〜5階建てまで幅広く対応するビューノという商品が用意されています。

 

 

 

ビューノは重量鉄骨ラーメン構造で強度が強いのに、柱の少ない空間の実現が可能だと言われており、貴重な敷地を有効にいかしながら、その敷地で可能なプランを提案してくれます。

 

 

 

しかし2階建て住宅に比べ、3階建て住宅は基本的に割高傾向にあります。

 

 

 

その上パナホームは大手ハウスメーカーであり、パナホームで2階建て住宅を建てられる方の坪単価は70万〜80万円が相場だと言われており、3階建て住宅となれば更に高くなることが予想できますね^^;

 

 

 

ビューノの発売当初に公開されていた価格によりますと、

 

 

 

狭小地プランで、延べ床面積42.95坪、標準本体価格3,143万円(消費税込み)、坪単価 73.2万円と記載されていました。

 

 

 

ですが坪単価はあくまで参考程度にしておいて下さい^^;

 

 

 

オプションによっても大きな差が生じる場合もありますし、こだわってオプションを沢山付けると当然坪単価はどんどん高くなっていきます。

 

 

 

一方標準仕様からほとんど変更しなければ価格は抑えることができます(* ̄ー ̄)

続きを読む≫ 2014/03/12 19:56:12

土地が狭い、都会で土地に余裕がない、、、など家づくりは敷地との格闘から始まる場合もあります。

 

 

 

そして問題は広さだけではなく、都会ならではの厳しい建築条件や建築規制があり、思うように家づくりが進まないといった方もおられると思います。

 

 

 

パナホームでは都市の厳しい建築条件をクリアした都市型の住宅“ソルビオス”という商品が用意されています。

 

 

 

都市の場合は厳しい建築条件がつきものですし、都市は限られた敷地を有効に活用しなければなりませんが、

 

 

 

パナホームのソルビオスなら敷地を有効に活用できるような提案力や対応力で、無駄なく有効に敷地を活用することができます。

 

 

 

そして設計の自由性が高い重量鉄骨構造を採用しており、快適な空間を実現することが可能な上、頑強な構造で地震に非常に強いと言われています。

 

 

 

パナホームには様々なシリーズが用意されていますが、

 

 

 

暮らしやすいアットホームなファミリー向けのサンネストシリーズはパナホームの中でも比較的価格が安いですが、それとは対照的にソルビオスの価格は高いです。

 

 

 

ちなみにソルビオスシリーズの坪単価は70〜85万円が目安だと言われています。

 

 

 

ですがこだわりが沢山あってオプションを沢山付けると坪単価が90万円近くなることもありますし、

 

 

 

標準仕様からほとんど変更がなければ価格は抑えることができますので、坪単価は参考程度になさっておくといいかと思います。

続きを読む≫ 2014/03/12 19:54:12

パナホームには大きく分けると3つの商品があります。

 

 

・鉄骨軸組構造の“カサートシリーズ”

 

 

・大型パネル構造の“エルソラーナ”

 

 

・重量鉄骨ラーメン構造の“ビューノ”

 

 

中でもカサートシリーズは非常に人気で注目を集めているシリーズです。

 

 

 

なぜなら他のハウスメーカーでは対応が難しいとされている15cm間隔で柱や梁を設定できるからです。

 

 

 

15cm間隔でピッチの設計対応を可能としており、敷地ぎりぎりまで建てる場合や、敷地が限られている場合でも、敷地を有効に活用することが可能となっています。

 

 

また、最大6mまで柱がない空間をつくることも可能になっています。

 

 

 

とても魅力的な商品ですが、価格は若干高めの設定になっています。

 

 

 

建物仕様や形状、敷地の状況などによっても価格は大きく変動しますので、一概に言い切ることはできませんが、全て込みでもかなり値が張ることが予想できます^^;

 

 

 

ハウスメーカーによってもかなり坪単価や見積もり金額も異なりますので、

 

 

 

複数の住宅メーカーで同クラスの家の見積りを取っておくと、相場の価格をある程度把握することができますし、値引き交渉をする際には非常に有利になります。

 

 

 

ちなみにパナホームは値引き交渉次第で値引き額の上乗せを狙える可能性が高いです(* ̄ー ̄)

 

 

 

値引きが厳しいならサービスの交渉に切り替えることをお勧めします(・∀・)

続きを読む≫ 2014/03/12 19:52:12

パナホームの中で売りとなっている“キラテック”は、パナホームで建てる大抵の方が採用されているほど高く評価されています。

 

 

 

パナホームの光触媒タイル外壁“キラテック”は光触媒のタイルで、

 

 

 

タイルに付着した汚れを、太陽光を利用して分解、雨で汚れを落とすセルフクリーニング機能があります。

 

 

 

何年か経つと外壁の汚れは目立ってきますが、“キラテック”はいつまでも綺麗な状態を保つことができるのです。

 

 

 

メンテナンスフリーというところも多くの方に指示される理由の一つにあげられますが、
“キラテック”のようなセルフクリーニング機能が付いていると、気になるのは価格ではないかと思います^^;

 

 

 

実際にパナホームで建てられ“キラテック”を採用された方の口コミですと、

 

 

 

同じパナホームのサイディング材に比べると200万円以上価格がアップしたそうですが、

 

 

 

たまたまパナホームでキャンペーンを行っており、キャンペーン中ということでかなり価格を抑えることができたという情報があります^^

 

 

 

キャンペーン中だと通常より値引き額が引き上げられる可能性もありますので、キャンペーン中を狙ってみるのも良いかもしれませんね(* ̄ー ̄)

 

 

 

“キラテック”は初期費用はかかるかもしれませんが、メンテナンスフリーなので、後で費用がかかるという心配はいらないようですし^^

 

 

 

ちなみにパナホームで建てる場合の坪単価は70万〜80万円が目安だと言われています。

 

 

 

パナホームでは基本的にパナソニックの電化製品が採用されており、パナソニック以外の商品でも可能なようですが、その場合は割高になる可能性もあります。

続きを読む≫ 2014/03/12 19:50:12